So-net無料ブログ作成
検索選択

立ち呑み日記・ファックスで [追究]

ただ今日本の実家で、老母が冷蔵庫につっこむだけつっこんだなりの賞味期限切れ食べ物の整理などして、テレビのワイドショーをのんべんだらりと観る日々を送っております。

するとみなさまご存知の通り、かの人気大女優が女手ひとつで手塩にかけ育て、お茶の間の高感度ナンバーワンとなった息子である若手俳優がたいへんな不祥事をしでかしたというスキャンダルがテレビを終日にぎわせることとなりました。

高畑淳子かわいそうねえ・・
と、賞味期限過ぎの「わかめ麺」を朝ごはんにポン酢でズルズルやりながらつけっぱなしのテレビに目をやると、所属事務所社長が取材陣に追われているところでした。

「詳細は各社宛てにファックスでお送りいたします」

詰め寄っていた取材陣もまた、
(ではファックスお待ちしていますよ)
というように納得して引いたので、へええ・・と、感心しちゃいましたヨ。

ファックスって、とっくの昔に絶滅した道具かと思いこんでました。

ウィキペディアによると、ファクシミリは1990年代に家庭に浸透し、ピークの1997年の生産台数は861万台、しかしその後電子メールが席巻し、2010年には26万台まで激減。

ワタシは売れないフリーライターで、パリの自宅でも1990年代は確かに日本の編集部とファクシミリでのやりとりは必須でしたが、21世紀に入ってこのかた出番はなくなりました。

うちのファクシミリは電話と一体型だったのでその後も電話として使っていたものの、受話器に不具合が出たのを潮にふつうの電話へと買い替え、ファックスとは完全に縁を切ることとなりました。

日本の実家にも電話機との一体型があることはありますが、A4の紙を縦に立てる部分からもっぱら孫の写真の写真立て代わりになってます。電話なら卓上に子機がありますし、老父は青汁なんかをインターネットで注文しています。

それに反して、芸能ニュース界ではファックスが確固たる現役選手なんですネ。

これだけメールが、ブログが、ツイッターが市民権を得ている中で、あえてファックスという理由がしかとあるのではないでしょうか。

すなわち、スキャンダルへの声明は、メールや、ブログや、ツイッターでは軽佻浮薄のそしりをまぬがれない(ンじゃないかなあ・・)

かといって書留郵便では封筒のあて名書きから何から手間と時間がかかりすぎ、なにより切手代がかさんじゃう。

そこで、現代通信技術の雄の印象いまだ薄れないファックスで、迅速と真摯を同時にアピールしつつスキャンダル払拭にこれつとめる(ってことじゃないかなあ・・)

先のスマップの解散発表も、FAXだったそうです。

放送局や雑誌新聞の編集部のファクシミリはでも、うちの実家と同じくふだんは目立たない場所にうちやられているものではないでしょうか。

芸能プロダクションのファクシミリとて同様でありましょう。今回、いずれの若手社員もめったにないことで、慣れない操作に戸惑ったと思いますぞ。

送り手受け手いずれ側も、ピーヒョロロローとなるときに口尖らせ、機械表面にうっすらたまったホコリをフーフーしたとワタシは確信しております。


P1000516.JPG
実家のワタシの部屋に今も残る留学時代にいただいたポスターをパチリ。

前菜は、トマト・カマボコ・缶詰マヨ和えホタテ貝のサラダ
主菜は、真空パックのローストビーフ・合鴨ロースト・焼き鳥(以上お中元の賞味期限スレスレ)の赤ワイン煮、いんげん塩茹でとケッパーを添えて



立ち呑み日記・空気の味? [晩ごはん]

「貧乏人のガスパッチョ」を作ってみようじゃないの
と、実家近くのスーパーで不意に思いつきました(ただ今日本に一時帰省しております)。

それというのも、乳製品コーナーで、アーモンドミルクを見つけたから。

ヘーエしゃれたもの売ってるのネ、と、しげしげ眺めてみれば、
「お客様のご要望により仕入れるはこびとなりました」
の文字。

アーモンドミルクって日本で今、流行の兆しがあるんですか?

パリのスーパーでは、あるとすれば健康食品コーナーで、そう一般的なものでもないように思します。ところかわってお隣りスペインでは日常的。

7月に、古くからの友人三世帯で一軒家を借りてバカンスを過ごしたんですが、スペインから合流した友人一家は冷蔵庫の残り物一切合財を車に積んで来て、そのなかに使いかけのこれがあったんです。

「白いガスパッチョ」を、これで作ります。これこそが、またの名を「貧乏人のガスパッチョ」。

なぜというに、ガスパッチョはトマベースで野菜満載の真っ赤な冷製スープですが、白いほうは残り物のパンとニンニクとアーモンドというスペインではもっとも安価で食生活の底辺を支える食材のみで構成されているから。

アーモンドはそのへんに生えているものをもいで具にしたようです。

作り方はいたって簡単。

パン、ニンニク、アーモンドを水に浸して、あればアーモンドミルクも加えてハンドミキサーでガーッとやり、塩、胡椒、オリーブ油で味をととのえる。以上。

氷を入れてがしゃがしゃかきまわし、つめたーくなったところを冷蔵庫で待機させます。

7月のバカンスでは一点曇りなき青空の下、テラスの日陰の遅い昼食に白いガスパッチョをごくり、またごくりとやりましたが、ニンニクのキリッとした風味に続いてアーモンドのまろやかな芳香が鼻に抜け、一気に汗がひくようでした。

デワデワその味を実家で再現といきましょうか。ここのところ日本列島は猛暑に見舞われ、38度などというオソロシイ気温。

いかにもガスパッチョ日和です。

アーモンドミルクは、やや困ったことに砂糖でうっすら甘味がついていました。マ、ドブドブ入れなければダイジョブです。

実家のミキサーは小ぶりで、大ざっぱにドサドサ入れてガーッとやったら、あろうことか周囲へあふれ飛び散り大いに閉口しました。

「ザツなことしないでちょうだいッ」
と、老母の叱責。

台布巾で一帯をフキフキして、今度は
注意深く、そぉーっとそぉーっと、(ガーッ)・・・

全体がもったりしたところへ水道水でかげんしたら完成です。味見すると、バカンスで食べたあの味でした。

が、なぜかちっともおいしくない。ウーム・・と、食卓に出しながら首をひねりましたね。

あれはやっぱり、湿気のない、大西洋に程近い空気がひと味もふた味も加えてるんでしょうか。関東平野の、クーラーのきいた食卓では冷製スープというより、
ニンニクとアーモンド風味パン粉の水溶き
の域を出ませんでした。

「お味噌加えたら多少マシになるんじゃないかしら」
と、老母は食卓に取り分けた小どんぶりをざっと全部鍋に戻すと、だしのもとまで加えてさっさと火にかけ始めました。


P1000493.JPG
はっ。写真撮り忘れたので大急ぎでバッグをごそごそしてパチリ。小学校の同窓会でおいしくたのしいひとときを過ごしました。

前菜は、メロン
主菜は、ホタテ貝柱のフライ、じゃがいもピューレ、モロッコいんげん塩茹で


立ち呑み日記・ポケモンGO [ワルガキ]

「オカーサン、日本語のべんきょう始めるよ」
と、殊勝なことを言い出す11歳のムスコ。

日本語の勉強ねえ・・、
と、日本人のオカーサン(ワタシです)はしぶしぶつき合わされることになります。

「ポケモンGO」、みなさまのまわりではいかがですか?

このゲームは、インターネットの使えるスマホでしか遊べないのだそうな。

「そのどこが日本語の勉強?」
と、首をおかしげでしょうが、ワタシのスマホは日本語で表示されるようになっているんです。

そのオカーサンのスマホを借りて近所へポケモン狩りに行きたい、ついては表示の日本語(主にカタカナのポケモン名)を読まざるを得ないので、そうするとこれは断じて遊びでなく日本語のべんきょうである、ト、バカムスコはかように主張するわけです。

バカンス旅行から戻ってからこのかた、住んでいるパリもすがすがしい快晴の日々が続いているっていうのに靴を履くこともなく終日パソコンの前にはりついてゲーム三昧というのもどうしたものか・・
と、こちらも頭を悩ませていたところなので、外へ出て歩き回るという点では大いに奨励したい気持ちにもなります。

ポケモンGOは、人の集まりそうなところにGPSでポケモンだかポケモンの卵だかが置かれていて、これをゲットしていく、というゲーム(らしいです)。

先日たまたまパリの植物園を横切ったら、若者たちが大挙して座りこみスマホ画面に釘付けになっているさまに魂消(たまげ)ました。

うちの前もポイントのひとつだそうで、スマホの画面をのぞきこむのに下向いた善男善女がいっぱいいます。こういうポイント周辺のカフェは商売繁盛のようです。

でも、どういうものでしょうかネ。

ワタシの旧友の東京都内の実家の敷地内にお稲荷さんの祠(ほこら)があり、見知らぬ人々が入れ代わり立ち代わり立ち入ってスマホ掲げていると思ったら、知らぬ間になんと「ポイント」にされていたそう。

信仰の対象ですゾ。

ポイントを解除する方法が公開されているようですが、迷惑をこうむっている側のほうが手間をかけなければならないのはちょっとどうかとワタシなども思います。

さて、ムスコにつき合って大きいほうの公園に行ってみれば、スマホに頭つっこんだなりで徘徊している少年少女がわんさかいました。

どの子の親もワタシ同様、部屋にこもりっきりの青白い顔でパソコンにはりついているよりは何百倍もマシだからとおくり出したんだろうナァ・・

じっさい、いかにも「おたく」っぽくでーっぷり太った若者たちがイソイソ歩き回っている姿を何人も見かけましたヨ。

この点では大いに奨励してしかるべきのような気もします。

で、考えたんですけど・・

同じように外を歩き回って健康に大いによろしく、ワタシらのような元女のコ現オバサンも夢中になれるゲームって、何かできないもンでしょうかネ。

ポイントごとに韓流スターと出会える、とか。「フィンガー5」などかつて夢中になったスターたちが当時のままに歌ってくれる、とか。

関係者はすぐさま開発にとりかかってほしいです。


P1000491.JPG
この猫背がポケモン狩りの特徴。

前菜は、メロン
主菜は、鶏ロースト、じゃがいもロースト、いんげん塩茹で


立ち呑み日記・青春の酩酊 [おでかけ]

ディープ・ウォーター・エクスプロージョン
なる学生向け食前酒(?)の存在をロシア人の知り合いにおしえてもらったことを、テラスの日陰でポルトガルの食前酒ヴィーノ・ヴェルデのキリリと冷えたところをゴクリとやりながら思い出しました。

ただ今、親しい三世帯でポルトガル南の小村でプール付き一軒家を借りてのバカンス中。

ポルトガルのヴィーノ・ヴェルデは微発泡白ワインで、アルコール度数が、フランスのシャンパンが13度のところ10度と軽やかで、際限なくイケちゃいます。

庭のプールで、子どもらが盛大な水しぶきあげているのがテラスから紫陽花越しに見えます。

さて、ロシアのディープ・ウォーター・エクスプロージョン。まずショットグラスにウォッカをなみなみ注ぎ、ここへ空のビールジョッキをかぶせエイヤッと一気にさかさまにする。

ビールジョッキの中央に、ウォッカの水槽ができるわけです。そこへしずしずとビールを注ぐ。

ビールに沈むウォッカの水槽をしばし眺めてみたいところなれど立ちのぼる泡で水槽がひっくり返り、すぐさまジョッキをにぎった手首をかるーくまわします。

するとビールの中にウォッカのうずしおがたちのぼり、間、髪入れず、グッとあおる。

「みごと一撃で頭クラクラとなるわけです」
と、ロシア人の知り合いはなにぶんにも理系の研究者なもンですから、しごく冷静に解説してくださいました。

こういうのみ方って、世界中にあるんですってネ。

ロシア人の知り合いは冷戦時代のソ連で青春時代を迎えたわけですが、対するアメリカにも同じく「ボイラー・メーカー」というのがあるそうです。

ビールにバーボンを注いでのむ。ボイラーを焚いたようにカッと身体が熱くなるところからそう呼ばれるのだそうな。

韓国にもまたあり、その名も「爆弾酒(ボクタンジュ)」。

「あーらそんなカクテルでなくてもヴィーノ・ヴェルデで十分ヤバイわヨ」
と、オリーブつまみながら、アナが言い出しました。

アナは、ともにバカンスを過ごしている古い友人フランソワーズの息子のツマで、スペインはアンダルシアっ子です。

ヴィーノ・ヴェルデをワタシは今回初めて知り、口当たりもお財布にも軽いのに大ファンとなりましたが(750ミリリットル1本250円ぐらい)、アンダルシアとポルトガルは近く物価も安いというので、学生時代、仲間たちと旅してはのみ歩いたそうです。

ポルトガルにはいたるところにカフェがあるので、一杯ひっかけまた次へ。

そうしたら何軒めだか十何軒めだか何十軒めだかに、「?」と、自分でもわからないうちにガクっと腰が抜けた。酩酊のせいとは気づかなかったそうです・・

・・マ、ひとはかようなオバカを重ね、いつの日か鹿爪らしい大人になるわけですナ。こういうところ、ロシアもアメリカもフランスもスペインも日本も韓国も違いはないです。

お酒の禁忌なアラブ諸国でさえ、それなりのオバカがあることでしょう。

バッシャーン、と、プールからひときわ大きな水しぶき。目をやれば、満開だった紫陽花が、ここに到着した日と比べてずいぶん色あせているのに気づきました。

バカンスも、終わりが近づきました。


P1000473.JPG
 電信柱と電線が通っているのが日本をほうふつとさせるのかなあ・・と、パチリ。フランスは地下ケーブルなので空に向かったこの線は、無いんです。

前菜は、カワをむいた輪切りキュウリのディルとヨーグルト和え、赤ピーマンのマリネ
主菜は、まぐろさしみ、千切りキャベツ、白飯