So-net無料ブログ作成
検索選択

立ち呑み日記・映画マラソン [ワルガキ]

お昼、映画館の出口前で14歳のムスメを待っていると、魔法学校の生徒風に身を包んだ少年少女が、一人また一人と黒いローブひるがえして弾丸のごとく飛び出して来ます。

その感じはもう映画館でなく本物の魔法学校。

急いでいるのは、ほんの1時間の昼休みにファストフードの行列を避けるためでありましょう。

「飲食物持ち込み厳禁で、入り口の荷物検査で没収されるンだってよ」
と、ムスメも梅干しオニギリのお弁当をあきらめたぐらいです。

中で買わせようというわけね、と、鼻白みましたが、このテの映画祭では盛り上がりが過ぎての飲食物投げ合いから椅子じゅうたんが使用不能に陥るのを懸念してではないでしょうか。

ただ今、グラン・レックスという大型映画館で映画「ハリー・ポッター」全8作を2日がかりで上映する「ハリー・ポッター・マラソン」2日目で、第5作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』まで来たところです。

午前11時上映開始、途中昼夕1時間の食事休憩があり23時半まで、という2日間。

11時に着いても3階席のはずれしか残ってない、という情報を仕入れたムスメを半信半疑で早朝の7時(!)に映画館へおくりとどけてみれば、なんとまあ魔法使いたちの行列がすでに長く伸びていました。

8月後半に宣伝告知が出て、チケット売り出しの二日目にして完売だったそうな。

そのころは夏休みの一時帰省で日本だったのでハリー・ポッター大好きなムスメは完全に出遅れ、身をよじってくやしがりながらインターネットを駆使してチケット転売者を探していたようでした。

「詐欺にひっかかったらどうしますッ」
と、心配しましたが、幸い身元確かな譲渡主を見つけ、級友に立ち会ってもらい正価で交換してきました。

「ハリー・ポッター・マラソン」は、ふつうの映画鑑賞ではなく、画面のシーンに声を張り上げたり、ともに歌ったりして楽しみます。

「こんなに観客が騒ぐ映画鑑賞ってはじめて」
とは初日終えたムスメの感想で、かくいう当人の声もガラガラです。

悪役登場には場内ゆるがすブーイング。ラブラブシーンではひやかしの盛んなピーピー。

浅草の映画館だったか、クレイジーキャッツや若大将のシリーズのオールナイト上映で、画面とともに歌ったり踊ったりするイベントが開かれていたものでしたが。

パリでは、「ロッキー・ホラー・ショー」という映画が毎週末に同様の盛り上で知られ、今年で30周年だそうです。

こういう映画のたのしみ方もいいですよネ。

観衆の大半はハリー・ポッターとともに成長した二十代前半で、14歳のムスメは下っ端の部類、とはいえ親に連れられた小学生もいたようです。

で、なぜその昼休みにオカーサン(ワタシです)が来たかといいますと、ムスメの片目のコンタクト(使い捨て)が上映直前に
「痛くてはずしたら失くしちゃった、一生のお願い持って来て」
と、懇願されたから。

代えを持って行かないほうが悪いでしょッ、
と、電話口でオコったものの、マ、仕方ない・・

・・と、待つうちに、ホグワーツ魔法学校スリザリン寮生の(扮装した)ムスメが他の生徒に混じって出て来ました。


P1000556.JPG
晴れてうれしいなあ・・と、パチリ。でもここのところすぐ曇って雨が降ります。

前菜は、トマトサラダ
主菜は、牛(フォーフィレ)ステーキ、いんげん塩茹で、残り肉とともにじゃがいものニンニン風味赤ワイン煮、グリーンサラダ




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

アノニモス

前から楽しく読ませてもらってます。
突然ですがどうしても聞きたいので一つ質問です。
フランス人はイギリス人作家のハリーポッターを愛しているようですね。

一方、XファクターUKで、ある出場者がフランス人の歌を歌ったところ、今までは好感触だったのが一変、ブーイングの嵐となりました。審査員はここをどこだと思ってる?と呆れてました。
イギリス人のフランス人に対する歴史上の恨みの深さを思い知ったわけですが、フランス人はあまりそこらへんは気にしてないのでしょうか?
もしよかったら何か教えてもらえると嬉しいです。
by アノニモス (2016-10-23 22:23) 

ぐちぐち

イギリスとフランスは、うんと近しくて同時にケンカにもなるきょうだいみたいなものだと思います。何年か前に人気を博した「Les profs 2」というフランスのコメディ映画で、ありふれた高校のドタバタ先生団(に、なぜか万年落第生がくっついてくる)が英国に招聘され、上流階級の指定の通う高校でおしえることになる・・というのがあり、万事几帳面かつ清潔な英国人とアバウトでややバッチイフランス人がおかしく対比されていました。フランス人から見た英国、です。「Les profs 2」は、フランス語版でyoutubeで観られるようです。おはなしは、エリザベス女王の高校生になる女の子の孫が高校からドロップアウトしそうなのでなんとかしてフランス陣営の新しい風で更生させてくれ・・というような荒唐無稽フィクションです。
by ぐちぐち (2016-10-27 19:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。