So-net無料ブログ作成
検索選択

立ち呑み日記・ホモとヘテロ [宿題]

「オカーサン、ブラックコーヒーは『ホモ』だよね」
と、理科の宿題というので教科書開いたなりでのんべんだらりとハナほじっている11歳のバカムスコ。

単元は、フランス語で言うところの
「『ホモ(ジェーヌ)』と『ヘテロ(ジェーヌ)』」
だそう。

ホモは「単一」、ヘテロは「単一でない」ことを表します。

宿題の問いには、搾りたてオレンジジュース、ブラックコーヒー、泥水、牛乳、水道水など液体のイラストが9つ並び、それぞれホモかヘテロか答えるというもの。

その9種類の中に、シャンパン、ワイン、ビールがあるのがいかにもフランスと感心しましたね。日本の小中学校の教科書にお酒が登場することって、あるんでしょうか。

ムスコによると牛乳は『ホモ』と授業でしかとならったそうです。確かに、「森永ホモ牛乳」テのがありましたよネ。

「搾りたてオレンジジュースは混じりけ無しだから『ホモ』だな」
と、ムスコ。

混じり物でホモヘテロが決まるなら、ブラックコーヒーはヘテロでありましょう。コーヒー豆と水ですからね。

「ビールも『ヘテロ』だって先生が言ってた」

エ、ビールはでも麦芽を発酵させたものだから単一体のはずですが。

「シャンパンも『ヘテロ』だってさ」

フランス人のくせしてなんなのその先生、
と、シャンパンに目がない日本人のオカーサン(ワタシです)は声がひっくり返りましたね。

シャンパンに混じりけがあってたまるもンですか、炭酸ガスを足した安物じゃ悪酔いするばっかりじゃないの・・

・・・と、このあたりで、今思いこんでいるホモ・ヘテロの定義がどうもあやしいと訝(いぶか)りはじめ、ムスコの教科書をひったくってページをさかのぼってみました。

やはり、ちゃんと別のことが書いてありました。

ホモ(ジェーヌ)・ヘテロ(ジェーヌ)は、日本の化学用語でいうところの、均一混合物と不均一混合物。

裸眼で液体に、炭酸水なら泡(i二酸化炭素)と水のように区別できるものが不均一混合物、完全に溶け合って区別つかないものが均一混合物、です。

すると先生がおっしゃるように、シャンパンもビールも泡で区別つくのでヘテロ、つまり不均一混合物なんですね。

たとえば、カフェオレは均一混合物、でもブラックコーヒーに牛乳をたらしたその瞬間(まだ混ざってない状態)なら不均一混合物になります。

「搾りたてオレンジジュースは混じりものなしだから『ホモ』だよな」
などとほざくムスコは授業中なにぼんやりしてたんだか。

搾りたて、というのが問題のミソで、果肉やタネが混じっているのでヘテロ(不均一混合物質)です。

「ワインは『ホモ』」
と、ここまできてようやく理解したムスコは自信たっぷりに書きこみました。

そう・・かも・・しれない。

うちの食卓に毎日のぼるような安ワインに混じり物は確かに見当たりませんが、たまさかに食通の親戚からいただく上等ワインは底に澱(おり)があるものです。

この教科書はシャンパンやビールを持ち出したくらいなんですから、そのワインが上等かそうでないかハッキリさせるべきだったんじゃないでしょうかネ。


P1000540.JPG
晩ごはん用のパンを買いに出がてら秋空をパチリ。

前菜は、トマトサラダ
主菜は、フォーフィレ(牛肉ステーキ)、小粒じゃがいものニンニクソテー、いんげん塩茹で、グリーンサラダ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

とんちゃん

子どもの教科書にアルコール類ってのは、さすがにフランスですね!
シャンパンやビールはヘテロ?
確かに注い直ぐはそうですけど、気が抜けたビールやシャンパンはホモでは?
いや、気が抜けたものは、もはやビールでもシャンパンでもない、別物になっているということかな?
なんとも奥深い問題ですね。(笑う
by とんちゃん (2016-10-20 12:53) 

ぐちぐち

気が抜けたビールもシャンパンも、ホモですよね確かに。この点先生にしかと確かめたいと思いまする。
by ぐちぐち (2016-10-21 08:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。