So-net無料ブログ作成
検索選択

立ち呑み日記・期待過大 [おつまみ]

食通の親戚が晩ごはんに来ることになったので、後生大事と戸棚であたためてきた高級缶詰のマグロのトロ缶を、
「開けちゃいましょう」
ということになりました。

このトロ缶、もとはと言えば食通の親戚の手土産です。ただ、持ってきたその日は食べるものが十二分にあって、何も缶詰を開けなくてもという状況でした。

缶詰って、ワタシらがこどものころはアスパラガスだのソーセージだのカニ缶だの、ご馳走の気分大いに盛り上がったものですが、最近はそうでもないと思いません?

今、うちでツナ缶とオイルサーディンは台所に常備していますが、ご馳走気分はまるで盛り上がらず、いつもの前菜のトマトサラダのつけたしの位置に甘んじています。

カニ缶は、フレーク状の徳用品がスーパーで格安で手に入ります。

アボガトとグレープフルーツをひと口大に切ったものと和えてサラダにすると美味しいんですが、カニ缶は目の玉とび出る値段の高級品なんかよりフレークのほうが混ぜるのに便利なほどです。

さて、トロ缶、マグロないしはカツオの腹側すなわちトロの部位だけオイル漬けにしたもので、缶はむき出しではなく、ご丁寧にも写真つきの立派な化粧箱に入っています。

スペイン産で、食通の親戚は、イペリコなどスペイン発高級生ハム専門店の棚で「目が合い」、お財布を開いたそう。

スペインってホラ、タパス文化で、おつまみ用缶詰が発達してるんですネ。トロ缶があるバールといったらやはり高級志向ではないでしょうか。

なにしろ寿司なら一貫いくらになるのかトロ100パーセント、いやがおうでも期待高まります。

お口でさぞとろけるンだろうなあ・・
と、紙箱から缶を取り出す時点でもうツバがわいてきて、それだけで食前酒がクイッといけたくらい。本日の食前酒は食通お持たせのシャンパン(当然上等品)、キリッとよく冷えています。

オイルサーディン風長方形缶のプルリングをパカッとやって、メリメリメリ・・と、力を込めてひっぱがします。

オイルがたぷたぷして手が滑り気味なれど、うっかり手を切ると一大事なのでここは気を抜かず細心の注意をもって、メリメリメリ・・

缶のまま食卓に出していいか迷いましたが、結局、適当な器にオイルごと開けました。

トロは、ソーセージを縦に割ったような細長い身でした。腹身を一枚ずつそいだんですね。デワデワ、この上ない期待とともに、イタダキマース・・・

・・・ウーム・・・

しょっぱくて、確かに食前酒はすすみます。が、トロ特有のまったり感はまるでなく、むしろパサッとした鶏のささ身に似た弾力ある歯ごたえ・・

・・マ、確かに、「マグロの腹側の身のみ使用」というのをトロとこう拡大解釈へもっていったワタシにも難があった。

大間マグロほどのスゴいトロを思い描いちゃったのが間違い。

意外にも食通の親戚は平然とつまんでいます。
「缶詰は缶詰なりのうまさでしょうが」
とのこと。

要は、期待し過ぎちゃうのがダメなんだと思います。

このテの期待過大って、加工食品の
トリュフ入りナントカ、日本なら
伊勢海老風味カントカ
というのにも通じるといます。


P1000539.JPG
窓からパチリ。今宵は暑からず寒からず、明日朝のことを考えなくていいならワタシだって夜遊びに繰り出したいくらいです(若さでなんとでもなった時代は今は昔・・)

前菜は、トマトサラダ、スイートコーン
主菜は、ビフテキ、じゃがいもにニンニク風味ソテー、いんげん塩茹で、グリーンサラダ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。